先日、マチキレナイーとFallout76の情報を漁っていて、あることに気づき、少しぞくりとした。殆どの人にはどうでもいい事だったり当たり前のことだったりするかもしれないけど、自分としては衝撃的だったので誰かに共有したい!

どういうことか?まずは、Fallout76発表から今日までの流れを追ってみよう。 Read More →

遂にオンライン版Falloutフランチャイズ、Fallout76のメディア規制が解除された。これに先立って今回の舞台「アパラチア」となるウェストバージニア州のサルファースプリングスではメディア向けの試遊会が実施された。それもなんとグリーンブライアーで。グリーンブライアーとは知る人ぞ知るアメリカ大統領御用達のホテルで、なんで有名になったかというとこのホテルの真の姿は地下に広大な核シェルター(1100人が2か月以上に亘って生存できる)を抱える政府高官用の極秘避難施設だったから。 Read More →

朝晩めっきり涼しくなって、台風が立て続けに過ぎ去って、すっかり秋っぽくなってきた今日この頃。前回のログに書いたハロウィーンイベントが10月1日に始まった。その一環として設置されているKhaldunのChampionも大盛況の様子。自分は今年から復帰なので、ある意味初イベントということになる(2000年頃にも何かやってたような記憶はあるが) Read More →

Conanを一応書き終えたものの(最後があまりにも適当だと怒られたのはさておき)仕事がばたついていたこともあり、メインコンテンツにするつもりだったUOをあまりプレイできずに放置してしまった。最後の更新は4月、GWあたりまでは必死になってConanとUOを両立させてネタ集めをしていた気がするので、かれこれ3箇月くらいはネットゲームから遠ざかっていたらしい。オンラインゲームの常でしばらくやらないと、逆に自分から敬遠したりもするし・・・歳をとったものだは Read More →

これがConan Exilesで多分最後のエントリになると思われます。前回までで、この追放の地にも帰る場所と快適な生活と待っていてくれる仲間(強制)が確保できたことと思います。

追放された先人たちは言いました。衣食足りて冒険を知る、と(適当)。ここからは、まだ見ぬ荒野に、貴重な資源に、新たな才能(人材)に唾をつけ楔を打ち込むときです。Conan Exileにはざっくり申し上げて、これまで見てきた砂漠地帯とステップ(草原)の他に以下のような地域があります Read More →

前回までで、追放の地で生き残るために大切なことは概ねお伝えできたかと思います。ですがまだ少し、お伝えすべきことが残っているのです。サーバの設定にもよりますが、これまでに築き上げた拠点は完全に安心できるものではありません。拠点の建造物には経年劣化(摩耗)と損傷があるからです。これはPvEでも同様で、外敵が攻めて来たり、砂嵐などが起きればそれによって拠点が破損し、限界を超えれば拠点が破壊されることを意味します Read More →

やっとここまで来ました。これこそ、このタイトルでしかできないことであり、やりこみ要素の一つでもあります。最初は自分でやってることにドン引きしますが、まあちょっと強引なヘッドハンティングだと思えば・・・。因みに、これを思うのは私だけではないようで、アップデートの内容には金銭でNPCを雇えるシステムも予定されていましたが、2018年現在延期中です。 Read More →

避難所も整ったことですし、本来なら、本タイトルでしかできない「捕獲」に入りたい所ですが、その前にちょっと書いておいたほうが良いかもしれないものが出てきましたのでそちらを先にしました。今回は「資源」について。1日目でごく基本的なものを挙げましたが、もともとそれはごく一部であったことと、1年経ってプレイしてみたら大幅に変更が入っていて戸惑ったので、一度整理しておきたいと思ったのが主な動機です。
(加工素材なんかも、何段階も加工するものは割と「中間素材」どう作るんだっけ?と思うので付け足し始めたら泥沼でした、プレイが間に合っていないこともあり、極めて不完全ではありますが、どなたかの参考になれば幸いです) Read More →

まさか、これを書く日がこようとは・・・というのが本音ではありますが、当ブログにご訪問くださる方の半数近くが、Conan Exileが目的ということであれば、もはや是非もありません。どこまでお役にたてるか甚だ心もとなくはありますが、拠点の建設についてご説明したいと思います。
Read More →