ようやく、待ちに待ったFallout 76の初日がやってきた。B.E.T.Aはまだ製品版ではないものの、正式版にもデータが引き継がれるので、まあ初日といっても差支えないと思う。

で、タイトルが何を示しているか、というと以前のエントリーでBethesdaってすげえなあ!とか書いていたものの結局PC版は完璧とはいかず、割といつも通り(他社比)の滑り出しをみせてくれたことについて。 Read More →

UOのカスタムUIが一部上手く動作せず、ペットのHPがリアルタイムに更新されないので、UOをする気にならない。そわそわしちゃってUOが手につかないことへの言い訳ではない。断じて。まあそれはそれとして、いよいよ明日、Fallout76のベータプレイが始まる。XBOX版が対象なのでPC版は更に1週間待たなくてはならないけど、このためにXBOX One Xを買うひともいるくらいなので、多数の人がプレイするのは間違いない。これに伴って一気に情報が流れ始めるだろう。本作のベースはFallout4らしいし、歴代Falloutのプレイヤーで前々回にリンクしたFAQなんかをチェック済みの人はもう準備万端かもしれないけど、ここ数日の間にアパラチアに存在する勢力が発表されたのでちょっと整理しておこうと思う Read More →

日本国内B.E.T.A.が発表されたFallout76。私の友人たちもそれじゃ、予約しようかね・・・と動き出した。ネットでも皆さん狂喜している様子なのは前回触れた通り。だけど流石はBethesda、判ってるというか、ここぞとばかりに情報を出してくる。そんなところに、昨日公開されたScreen Shotと背景情報にBoSの文字が・・・。 Read More →

先日、マチキレナイーとFallout76の情報を漁っていて、あることに気づき、少しぞくりとした。殆どの人にはどうでもいい事だったり当たり前のことだったりするかもしれないけど、自分としては衝撃的だったので誰かに共有したい!

どういうことか?まずは、Fallout76発表から今日までの流れを追ってみよう。 Read More →

遂にオンライン版Falloutフランチャイズ、Fallout76のメディア規制が解除された。これに先立って今回の舞台「アパラチア」となるウェストバージニア州のサルファースプリングスではメディア向けの試遊会が実施された。それもなんとグリーンブライアーで。グリーンブライアーとは知る人ぞ知るアメリカ大統領御用達のホテルで、なんで有名になったかというとこのホテルの真の姿は地下に広大な核シェルター(1100人が2か月以上に亘って生存できる)を抱える政府高官用の極秘避難施設だったから。 Read More →

朝晩めっきり涼しくなって、台風が立て続けに過ぎ去って、すっかり秋っぽくなってきた今日この頃。前回のログに書いたハロウィーンイベントが10月1日に始まった。その一環として設置されているKhaldunのChampionも大盛況の様子。自分は今年から復帰なので、ある意味初イベントということになる(2000年頃にも何かやってたような記憶はあるが) Read More →

Conanを一応書き終えたものの(最後があまりにも適当だと怒られたのはさておき)仕事がばたついていたこともあり、メインコンテンツにするつもりだったUOをあまりプレイできずに放置してしまった。最後の更新は4月、GWあたりまでは必死になってConanとUOを両立させてネタ集めをしていた気がするので、かれこれ3箇月くらいはネットゲームから遠ざかっていたらしい。オンラインゲームの常でしばらくやらないと、逆に自分から敬遠したりもするし・・・歳をとったものだは Read More →

これがConan Exilesで多分最後のエントリになると思われます。前回までで、この追放の地にも帰る場所と快適な生活と待っていてくれる仲間(強制)が確保できたことと思います。

追放された先人たちは言いました。衣食足りて冒険を知る、と(適当)。ここからは、まだ見ぬ荒野に、貴重な資源に、新たな才能(人材)に唾をつけ楔を打ち込むときです。Conan Exileにはざっくり申し上げて、これまで見てきた砂漠地帯とステップ(草原)の他に以下のような地域があります Read More →