朝晩めっきり涼しくなって、台風が立て続けに過ぎ去って、すっかり秋っぽくなってきた今日この頃。前回のログに書いたハロウィーンイベントが10月1日に始まった。その一環として設置されているKhaldunのChampionも大盛況の様子。自分は今年から復帰なので、ある意味初イベントということになる(2000年頃にも何かやってたような記憶はあるが) Read More →

Conanを一応書き終えたものの(最後があまりにも適当だと怒られたのはさておき)仕事がばたついていたこともあり、メインコンテンツにするつもりだったUOをあまりプレイできずに放置してしまった。最後の更新は4月、GWあたりまでは必死になってConanとUOを両立させてネタ集めをしていた気がするので、かれこれ3箇月くらいはネットゲームから遠ざかっていたらしい。オンラインゲームの常でしばらくやらないと、逆に自分から敬遠したりもするし・・・歳をとったものだは Read More →

なんのことはない、トレハンキャラ編の育成ログの続きなんですが。一時は100枚を超えたTreasure Mapも順調に消化されてきた。我が家のごみ事情もこれで解決か、と思われたがここで新たな問題が。Treasure Huntingは過去にブラッシュアップされて今の形になる訳だけど同様にアップデートされたのがサルベージ。これはSOSボトルというものからSOSメッセージが出てきて、そのメッセージの示す場所に行くと、お宝が回収できるという仕組みでいわば海のトレジャーハント。このSOSボトルがTeasure Chestの中に稀に入っているという訳。うーん、こいつが貯まるとまた、Mapの二の舞になりそうな気がする。 Read More →

タイトルを捻ろうとして失敗した感がありありですが・・・。

今回のお題はレア個体について。テイマーをメインにプレイしているなら絶対に一度はやることになる個体選別。世間でメジャーな「使える」と言われる種であることは当然として、能力(ステータス)、体色などを自分の好みに従って絞り込んでいく。Broadswordもそのあたりを良く解っていて、各クリーチャーに通常のカラーバリエーションではなく、レアカラーなんぞというやりこみ要素を突っ込んできている。 Read More →

2ndの育成は絶対生産か、Kotetsuの復活だろうと思っていたが、家のストレージをTreasure Mapが圧迫しているため予定を変更してトレハンキャラを育成することにした
Cu Sidhe他数匹のペットを育成したことで、狩りで大物を倒せるようになったのでBalronやAncient Wyrmを延々と狩り続けていたところ(反復作業大好き)Treasure Mapが貯まり、既に100枚を超える数に。 Read More →

テイマーとしての育成もひとまず落ち着き、ペットも大物狩り用(本命、控え、バックアップ用)、支援用、対集団用、荷物運び用という具合に充実してきた。ただ、前述のものは、騎士+Ignoreであるとか、Poisoning+Poison Breathと言ったような王道構成ばかりなので、ちょっと尖ったことがしてみたい・・・。現在ウェブ上で検索すると、なぜかネクロなペットいうのはほとんど事例が出てこない。推測するに理由は、コストがあまりにも大きい、ネクロをとれるペットがきわめて限られる、の2点がまず思いあたる。という訳でその二つの視点で考えてみた。 Read More →

昔はペットの育成なんて素敵なものはなかったので、個人的にペットを育成するにあたって困ったのは流れが判らなかったところ。スキル上げからやればいいの?ステータスは何から上げればいいの?どういう選択が正しいの?疑問は尽きない(今でも)。ただ、20匹くらいのペットを育成してみて少しずつわかってきたことがあるので、共有しておこうと思う。誰かの役に立ったら嬉しい

Read More →

テイマーの育成も一段落したので、大分増えたペットの棚卸をしてみようと思いたった。と言ってもあまり尖ったことはできていなくて、大物攻略用は定番のChivalry + Ignore Armor、多数の敵一括処理用ならPoison + Poison Breathと言ったテンプレ的な範囲になってしまっているので、どれだけ資料として有用であるかは些か疑問ではあるけど・・・ Read More →