拠点が落成してちゃんと資材の保管ができるようになったということもあり、私の声掛けに応えて復帰してくれたChat仲間のフェンリルさんが、生産キャラの育成を始めた。生産キャラのお供と言えば、Giant Beetleと、Fire Beetle。荷ゴキと、炉ゴキの愛称で親しまれている。荷ゴキはなんでも運んでくれるし、炉ゴキは鉱石を溶かして、Ingot(延べ棒)に精製してくれる。Miningをやるのであればもはや必須と言っていい。

案の定、フェンリルさんから、炉ゴキが欲しいと打診がきたのであっさり引き受ける私。荷ゴキは、きわめて簡単にテイムできる場所にいるけど、炉ゴキはそうではない。誉島という島にあるYomotsu Mineという坑道ダンジョンの最深部にポップするのだ。それでもまあ、フェンリルさんと二人なら問題ないだろう。いや、ここで引き受けずしてなんのための調教スキルか。地獄のような思いをしてあげたスキルが実を結ぶ時がきた(熱血)。

一応最深部ということもあり、簡単に下調べもしてはいたけど、どうやら完全に舐めていた・・・。順を追って話そう。

連れて行くペットは、お気に入りかつ、スキル上げがほぼ完了していた麒麟をチョイス。Yomotsu Mineの内部にはYomotsu とつく種族のWarrior、Priest、Elder、それに加え各種のレアメタル系エレメンタル(Dull CopperとかShadowとか)が徘徊している。入り口付近にいたWarriorとElemental で感触を試したところ問題はなさそうに見えた。ただちょっとRepopが早い。倒すとほとんど間をおかず次が出る。取り合えず時間がもったいないということで、フェンリルさんと深部まで一気に駆け抜けて、Fire BeetleのPOP場所付近でInvisiし、敵の追跡を撒く。Fire BeetleはWarrior3、Priest2、Elder1、Dull Copper Elemental1と混ざってPopしている。これはちょっと厄介かもしれない、と不安がよぎる。とりあえず環境整備を、と掃除を開始するも全くRepopが途切れず、殲滅速度が追いつかない。他の敵と混ざって襲ってくるFireBeetleを殺さないように戦うのも大変。そうこうしているうちにMagotetuが撃沈。フェンリルさんが蘇生をしてくれるも、立て直しきれずに今度は二人とも死亡。入り口付近で野良ヒーラーに蘇生を受けては駆け戻る、というのを繰り返すこと数回・・・。

暫くやって、漸く邪魔になる敵は遠く(作業範囲外)に誘導し、Invisiでターゲットを切って自分は戻ってくるという方法をとればいいことに気付いた。いろんなサイトで隔離と呼ばれている手法はこれか・・・

Fire Beetleを他の敵と分離したらテイム前に削る必要がある。HPが20%を切っていないと調教を開始できないのが虫族のお約束。一度は勢い余って死なせてしまうも、2匹目はテイムに入ることができた。テイムに入れさえすれば、あとは難しいものではなくあっさりテイム完了。乗ってきた荷ゴキを失ったフェンリルさんに移譲し、二人でYomotsu Mineを後にした。

いやはやきつかった。結論から言えば、未拡張の麒麟にははっきり言って荷が重かった。せめてクーシー、それも捕まえて帰るFire Beetleが一匹でよいなら、1段階育てたもの(4スロット)で挑むべき場所だったと思う。欲を言えばもう一人呼べればぐっと楽になった筈。それくらいきつかった。ほとんどの敵は一匹一匹の強さは大したことが無いのだけど、上記の通り数が居ること、Respawnが即時であることが面倒さを加速させている。Shadow Elementalもペットからのダメージを無効化するので、こういう時には厄介だ。Elderは普通に強いが、数が少ない(1匹か2匹だと思う)のが救いかな。それからこれは当然のことだが、Mageryは92までは必ず上げないとダメなようだ。今回も、MgotetuがInvisiを失敗してそこから崩れるというケースが多かった。激しく反省。Tamingはゴールが見えてきたけど、キャラの完成までの道のりまだまだ先が長そうだ。

ともあれ、これで家具がフェンリルさんにお願いできるようになれば、一気に家も住処らしくなるハズだ。ここで折角なので庭先が沼地になっている我が家ならではの内装を。この沼地にはPlague Beastなるスライムの化け物が出現する。こいつからは戦利品として、生産スキルでは作成できないメタルチェストを手に入れることができる。

とは言っても普通に倒しただけでは駄目で、「育て」なくてはならない。具体的に言うとこいつは死体を食べて成長するという特性を持っていて、最初は300ちょっとのHPしかないのだけど、死体を食べて肥え太ることで、最終的には2000ものHPをもつ化け物へと成長する。死体の食べさせ方は扇動して周囲の敵をぶつけるか、召喚した動物をぶつけるか。どちらにせよ、自分が殺した敵でないと食べない。Magotetuは元々大した扇動スキルがないので、Plague BeastのHPが1200を超えたあたりから、扇動が通らなくなる(HPだけではなく攻撃力や扇動への耐性など、モンスターとしての格自体があがるため)。そうなったら後はせっせと召喚した生物を食べさせてHPが2000になったところで狩る。他の方のウェブサイトを見ると5つとかDropしているようだけど、私は今のところ一度に2個のDropが最大。何かコツでもあるのかな・・・。十分な数が貯まったらメタルチェスト棚を作成したいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Protected with IP Blacklist CloudIP Blacklist Cloud

Post Navigation